2015年07月04日

関西学院大学総合政策学部山中研究室春の番組「地域を支えるアートの力」その4

150611集合.JPG
「地域を支えるアートの力」~長田の町をこよなく愛する正岡健二さんのまちづくり~

◆トーク1
自己紹介 坂上美玲、伊藤さくら、古藤さやか、原亮太、岡田尚也
今回インタービューさせていただいた正岡健二さんの紹介とその正岡さんが活躍する町である、新長田についてディレクターである坂上美玲が紹介します。
正岡さんにインタービューさせていただいた際に受けた印象や正岡さん自身の人柄と、正岡さんにとっての長田のまちづくりについて正岡さんがまちづくり始めたきっかけや、正岡さんが思うまちづくりでの重要な点を原亮太がお伝えします。
150611_1.jpg
150611_2.jpg
150611_3.jpg

◆トーク2
岡田尚也が、様々なイベントを企画し地域活性化に尽力している正岡さんの過去の活動内容と業績についてと、秋に開催される下町芸術祭開催のきっかけと下町芸術祭での具体的な役割、アートと町をつなぐ仲介人としての役割についてお伝えします。
古藤さやかが長田を愛する正岡さんにとっての他の町では感じることのできない下町の特徴を踏まえ、下町の魅力について深く語ります。
150611_4.jpg
150611_5.jpg
150611_6.jpg

◆トーク3
昔から長田の町で暮らし、町のために活躍続けている正岡さんが様々なイベントを企画するにあたっての問題としていることや今後の課題とされていることについてと、インタービュー終えて長田の下町を散歩し堪能して感じた町の現状や雰囲気、印象について伊藤さくらが詳しくお伝えします。
最後に今回の正岡健二さんへのインタービューと長田の訪問で感じることのできた下町の良さと、変化した考えを今回のまとめ、感想として坂上美玲がお伝えします。
150611_7.jpg
150611_8.jpg
150611_9.jpg
posted by 関西学院大学総合政策学部山中速人研究室4 at 12:56| Comment(0) | ポッドキャスト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください